ビデオカメラ事典 TOP ≫ ビデオカメラ基礎知識 ビデオカメラの用途

ビデオカメラの用途

ビデオカメラには、さまざまな種類のものがありますが、それらは用途よって、分類することができます。そのビデオカメラの分類には、放送用ビデオカメラ、業務用ビデオカメラ、固定型ビデオカメラ、民生用ビデオカメラの4つがあります。

まず、放送用のビデオカメラ。ビデオカメラの最高位のもので、画質・機動性に優れています。妥協を許さない製品であると言えるでしょう。次に業務用ビデオカメラ。カラオケ用の動画撮影や結婚式の時の撮影に使われるカメラで、高画質に撮影することができるカメラになります。放送用に続いて、ある程度の知識と操作の習熟が必要になります。

次に固定型のビデオカメラ。これは主に監視カメラに使われるカメラになります。高い画質を求めることは出来ませんが、雨や風に耐えられる耐久性や長時間、安定的に運用することができるだけの性能があります。

最後に民生用ビデオカメラ。これが、私たち一般の人たちがプレイベート目的で、気軽に撮影できるビデオカメラになります。画質は放送用などに比べると、劣りますが、近年ではハイビジョン画質で撮影が出来るビデオカメラもあり、テレビ放送でも使えるほどの画質を持っているものもあります。また、それほど知識がない方でも、撮影出来るような分かりやすい作りになっていて、値段も一般の人が出せるぐらいのものになっています。

ビデオカメラには、さまざまな種類のものが存在しますが、分類的には以上のようにわけることができると思われます。

ビデオカメラ基礎知識


アピドラ 添付文書
アピドラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

社章作成
http://www.pokers.jp/cb/cb.htm

不用品回収を岐阜
不用品回収を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!