ビデオカメラ事典 TOP ≫ ビデオカメラ基礎知識 ビデオカメラはどういうものか

ビデオカメラはどういうものか

ビデオカメラとは、名前の通り、ビデオ動画を撮影するためのカメラのことをいいます。映像や音声をデジタルデータとして記録するカメラです。世界の映像機器メーカー数十社が参加するHDデジタルVCR協議会によってDV方式という標準規格が定められています。

ビデオカメラにはアナログビデオカメラとデジタルビデオカメラの2種類がありますが、現在のビデオカメラは100%と言っていいほど、デジタルビデオカメラになっています。アナログビデオカメラとデジタルビデオカメラは、画像記録情報の種類が違います。簡単に言うと、アナログ情報を出力・保存するのがアナログビデオカメラで、デジタル情報を出力・保存するのがデジタルビデオカメラということになります。

デジタルビデオカメラでは、レンズを通した映像をCCD撮像板などの固体撮像素子に写し、それを電気信号のビデオ信号として出力します。信号は画面を細かく区切っていき、それらを端から時系列に並べたものになります。画面の区切り方はビデオの信号の規格によって違います。また、捕らえた映像や音声をデジタルデータに変換して記録し、パソコンなど外部への転送も、すべてデジタルで行われますので、従来のアナログ方式のように、編集や複製の過程で画質が劣化することはありません。

ビデオカメラで最初に開発されたものは、機械式シャッターと撮像管を組み合わせたものでした。次世代のビデオカメラになると、撮像管に画面の1部を切り出す機能を搭載して、機械式シャッターを追放します。更にその後には撮像管を廃止して、半導体による撮像板を使うようになっていきます。このようにビデオカメラは発展していくことになります。