ビデオカメラ事典 TOP ≫ カムコーダ カムコーダの今現在 その2

カムコーダの今現在 その2

現在のカムコーダにおける業務用・放送用と民生用の区別について紹介させて頂きます。

最近では、家庭用でも、高精細な映像が撮れるハイビジョンカメラが登場するなど、性能面などが向上していますので、昔ほど、業務用・放送用カメラと民生用における性能面などでのひらきはないと思われます。

以前は、業務用と民生用だと画質がかなり違っていて、値段も段違いになっていました。しかし、1995年にSONYから登場したカムコーダでその流れは変わり、ローエンドの業務用とハイエンドの民生用の区別が曖昧になっていきます。これは、このSONYから発売されたカムコーダが、民生用にもかかわらず、録画部分にDV規格を採用していて、撮影部分には、業務用と同じ3CCDを使用されていたので、業務用のような高画質な映像が撮影することができたためです。今では、同レベルの画質を確保した超小型機も各社から発売されるようになっています。

また、最近ではハイエンド民生機が業務用機に食い込むのと同様に、アマチュアの人たちが、これらのハイエンドな民生用機種とノンリニア編集を組み合わせて、プロのものと見分けがつかないぐらいの作品を作ることができるようになっています。このことも、民生用と業務用の境が曖昧になってきたことに、少なからず関係があるのかもしれません。

以上のように、民生用のカメラコーダ自体の性能が向上してきて、業務用・放送用との性能差がなくなってきていますので、現在では、業務用・放送用と民生用の区別は、曖昧になってきていると言えます。

カムコーダ


eおくすり
eおくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!