ビデオカメラ事典 TOP ≫ カムコーダ カムコーダの今現在 その1

カムコーダの今現在 その1

今現在のカムコーダは、いくつかの方向に分化していますが、発展を続けています。

まずは、ビデオとしてのフォーマットです。今までのフォーマットはSDでしたが、最近はハイビジョンに移行してきています。民生用でのハイビジョンは、2003年に日本ビクターから登場します。この時に登場したのは、720P規格のものです。最初は片手持ちで撮影するのには、少し大きかったのですが、その後、簡単に片手で持てるものが登場しました。その翌年2004年には、SONYから1080i規格のものが登場しました。こちらも容易に片手持ちが可能なサイズになっています。

次に記録メディアです。1995年にデジタルビデオDV規格が制定されてからは、ビデオカメラのデッキ部分は、デジタルのものが大半を占めるようになり、ハイビジョンでも同じテープを用いるHDV規格が作られました。それと並行するように、記録メディアは、今までのテープを止め、DVDなどのディスクや、SDカードなどのメモリ―カードに記録するものが登場してきます。これは一般の人にも取り扱いやすくなっており、今では、SDカードやDVDに記録することが主流になってきています。また、民間用だけでなく、放送用・業務用機でもノンリニア編集を前提とする後処理作業との連携も視野に入れて、テープではなくて、メモリーカードやハードディスクパックなどを採用したものが増えてきています。

その後、2006年には、AVCHDという規格が策定されることになり、ソニー、松下などが、これを採用しました。