ビデオカメラ事典 TOP ≫ 関連用語 有効画素数

有効画素数

有効画素数とは、ビデオカメラやデジタルカメラに内蔵されている、撮像素子にある受光素子のうちの実際に使われる画素のことを言います。総画素数よりも少し少ない値となることがほとんどのようで、だいたい130万画素のデジタルカメラの場合では、有効画素数は125万程度になるようです。

ビデオカメラに搭載されている撮像素子のCCDなどは、だいたい数百万という画素を持っているのですが、周辺部の素子にノイズが乗りやすいなどの事情から、実際はその全ての画素を撮影には使用せずに、一部の画素しか使われていません。このため、実際に使用されて、有効に使用できている画素の数のことを、有効画素数と言っています。

総画素数が多いビデオカメラでも、中には、有効画素数が低くなっている製品なども存在します。その場合には、解像度的に綺麗さが、総画素数ほどではないので、注意しましょう。

ちなみに、搭載している受光素子の総数のことを総画素数、出力画像のピクセル数のことを撮影画素数と言います。画素というのは、ディスプレイ上の画面を構成する最小単位のことを言い、色情報を持った点で画像の要素でもあるので「ピクセル」と言われることもあります。ディスプレイは、画面に縦横に敷き詰められた画素の集合によって、表示することが出来るようになっています。

ビデオカメラやデジタルカメラなどの画質は、CCD以外にもレンズなどの造りで変わってきますが、画質を重視したいなら有効画素数の違いも事前にチェックしておくようにすると良いと思われます。