ビデオカメラ事典 TOP ≫ その他 監視カメラとは

監視カメラとは

監視カメラとは、様々な目的で監視をするためのビデオカメラになります。犯罪の抑止や、録画データによって、犯罪の証拠や犯人を撮影するために利用されていることが多いようです。ただ、他にも、ダムの水量監視や活火山監視などの防災目的や、スピード違反取り締まりや交通量計測などの記録目的、マンションや住宅などの防犯目的などで利用されています。防犯が主な理由で使用されるものは、防犯カメラとも呼ばれています。また、広義にはカメラに加え、取得した映像の伝送・処理および表示機能を含む監視システムのことも言うようです。ちなみに、防犯カメラには、大きく分けるとCCTVとWebカメラの2種類があるようです。

監視カメラが設置されている場所は、防犯を主な目的としている銀行などの金融機関についているケースが多くあります。最近は市外などの道路や学校の通学路、商店街などについていることもあります。また、不審者の監視目的として、警備会社の警備システムに連動しているものが多くなってきていて、無人となっている深夜の時に、人が立ち入ると警備会社に自動的に通報するシステムもあります。さらに、カメラの価格が安くなって、個人で自宅駐車場などに盗難防止目的として、設置している場合も増えてきています。

このように監視カメラは、今では、私たちの身近なところに、たくさん存在していて、活躍しています。