ビデオカメラ事典 TOP ≫ その他 コンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラ

コンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラ

デジタルカメラは大きく分類すると、ボディとレンズが一体になっているコンパクトデジタルカメラと、レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラの2種類に分けることが出来ます。どちらも光を感知して、画像を生成するというのは同じになりますが、その機能には大きな違いがあります。

コンパクトデジタルカメラは、カメラとレンズが一体になっているカメラです。ほとんどはズームレンズが搭載されていますので、広角から望遠まで撮影することが出来ます。液晶モニターが背面に装備されていますので、この背面モニターで撮影するものを見ながら、撮影が出来るという構造が特徴で、これによってハイアングルやローアングルでの撮影が簡単に行えるのが魅力です。また、デジタル一眼レフカメラよりも軽量なので、持ち運びに便利で、気軽にスナップ写真を撮りたい人などには、良いと思われます。

デジタル一眼レフカメラには、レンズを通った光をそのまま見ることができる光学式ファインダーが付いています。この構造があることによって、撮影する側は、レンズを通った光(映像)をダイレクトに確認しながら撮影を行うことが出来ます。また、レンズが交換できるため、撮影場所や撮影意図に合ったレンズに交換し、より幅広い表現が可能となります。これらが、一眼レフカメラの最大の特徴で、最大の魅力でもあると言えるでしょう。

このようにデジタルカメラでも、コンパクトなものから、レンズ交換式のものまでありますので、自分の用途にあったものを選ぶと良いと思われます。

その他


ポスターを印刷する
大判とかデジカメプリントならディプリーズ楽天市場店で!

札幌 調律
http://www.piano-inoue.com/