ビデオカメラ事典 TOP ≫ その他 デジタルカメラとは

デジタルカメラとは

デジタルカメラは、現在では、1人1台から1人複数台を所有する時代であると言われています。ですから、皆さんも、すでにデジタルカメラを持っているのではないでしょうか。

デジタルカメラとは撮像素子に写った、光(撮影した静止画)を、デジタルデータとして記録することができるカメラになります。一般には、静止画を撮影するデジタルスチルカメラのことを言いますので、動画を撮影するデジタルビデオカメラは、デジタルカメラには含まれません。ただ、現在では、静止画撮影が可能なデジタルビデオカメラや、動画撮影が可能なデジタルスチルカメラが一般的になっていますので、その境界線がなくなってきているように思えます。

デジタルカメラは、撮影したデータをSDカードなどに保存します。撮影したデータは、その場で確認でき、必要のないデータはその場で消去することができます。また、写真の現像も欲しいものを欲しいだけ行うことができます。また、ビデオカメラの機能には劣りますが、動画を撮影することができるものもあります。

デジタルカメラでは以上のようなことが可能ですが、不可能または苦手なこともあります。それは、画素数が、引き伸しの限界を決めてしまうので、大きく引き伸したい写真を撮るのは難しくなります。例えば、引き伸ばさなければ大丈夫なものもありますが、このようなデジタルカメラで撮ったグラビアなどの写真を拡大して現像してしまうと、荒い粒子がはっきり出てしまって、見てるだけで、目が疲れるような写真になってしまう、というようなことです。

このようにデジタルカメラは、とても便利なものですが、不便なところもありますので、その辺のことを考えて利用すると、より良い写真を撮れるようになると思われます。